年: 2020年

悲しむ権利

このところ胸が痛む日々を過ごしている。悲しいことがあると、胸が痛むというのは、どうやら本当らしい。 先日、母から電話がかかってきた。電話を取るなり、私の「もしもし」という言葉に被せるように、電話の向こうから「寂しくなった […]

【京都開催】自分の知らない自分と出会う*心と身体のトリセツ

「ねぇねぇ、算数って何色だと思う?」 当時、小学6年だった3女が言い出した。 「算数は、青。 国語は、オレンジ。 社会は、黄緑。 理科は、黄色。 音楽は、茶色。 英語は、ピンク。 体育は、赤 だと思う」 じゃ、私たちは […]

こんな感じの人?

なにかに集中し始めると周りが見えなくなる。いくらでも集中できるので、時間がかかることも、人より短時間でできてしまう。しかし、集中が切れた後の疲弊感は大きい。子どものころからそういった傾向がある。電車の中で集中スイッチが入 […]

空気を読まない少年

 ドラムの生演奏で踊るイベントを主催している。プロのドラマーに即興でドラムを叩いてもらい、その音に合わせて即興で踊るというものだ。ダンサーと同じ空間を共有し、それぞれの状態を感じ取りながら即興で叩き出される音には、録音さ […]

ポテサラじじいならぬ子作りおばば 〜手抜き健康食レシピ〜

親子

ちょっとタイミングをずらしてみました。 「ポテサラ論争」を見てて私が思ったこと。  ①手抜きは大事(ママに心と時間のゆとりを)  ②家事は女がするものという古い偏見やめて! ③とはいえ「食」が子どもの心身を作ることも忘れ […]