コラム ボディワーク

そろそろ暗黙のルールを 破りませんか?

(English is below)

 ときどき人前で感情をあらわにする人を見かける。頭では「子どもみたいで格好悪い」と思いながら、心では「羨ましい」と感じている。思考と心のギャップを埋められずイライラしてしまう。

 人前で感情を出してはいけない。そんなルールはどこにもないのに、心では悲しみを感じながら、身体では笑おうとする。怒りを感じても、人前だという理由で押し隠そうとする。そこには暗黙のルールがあるのか、私だけではなく多くの人が感情に蓋をして、その場をやり過ごそうとする。表現されなかった感情は身体に溜まる。身体の緊張となって、表現される日が来るのを待っている。

 先日、海外でダンスのワークショップに参加した。内容は感情を踊りで表現し、感情を解放していくというもの。例えば「恐れ」を身体で表現していくと恐れの感情が出てくる。そして、私の恐れは「人に受け入れてもらえない」ことだと気がついた。そのまま踊り続けていると、怒りがこみ上げてきた。私はこれまであまり怒りを感じたことがない。怒りの感情を味わいながら全身で表現したり、大声で叫んでみたりした。すると、とても心地よく、全身に力がみなぎってきた。

 私は人に受け入れてもらえないことが怖くて、人に評価されることに一生懸命だった。孤独になるのが嫌で、自分の怒りや悲しみなどの感情を味わったり、表現したりすることをしてこなかったのだ。それに気づいたとき、涙が溢れてきた。私は暗黙のルールを破った。数十人の前で子どものように顔をくしゃくしゃにして泣いた。数十年ぶりに自分のために流した涙だった。

 人前で涙を流してみて気づいたことがある。身体から余計な力が抜け、あり方が少し柔らかくなった。そして、初めて自分の身体に血が通ったような感覚があった。「やっと身体を自由に使える」と身体が私に語りかけてくるようだった。

 この体験がきっかけで、「嫌だ」と感じたら、その感情を説明して断れるようになった。意外だったのは、その言葉を人は受け入れてくれる。なぜ感情を出すことを怖がっていたのか? 拍子抜けしてしまう。身体に溜め込んでいた感情が、ふとしたきっかけで出てくる。話していて突然泣き出したりするので、家族はびっくりしているが、私は子どものように感情を出すことを楽しんでいる。子どもみたいで格好悪くて結構。他の暗黙のルールも破ってやる。

It is time to break the implicit rule.

I often see people who express emotion in front of people. In my head, I think it looks like a child and so bad. but I feel as envy in my heart. I can’t fill the gap between my mind and my heart and I am frustrated.

Don’t put out emotions in front of people. there are not such rules. I feel sadness in my heart and try to laugh in my body. Even if I feel angry, I try to hide it because I am in public. There is an implicit rule and many people try to cover their emotions and go through the scene. Emotions that are not expressed accumulate in the body. The body is getting nervous and Emotions are waiting for the day to be expressed.

The other day, I participated in a dance workshop in Singapore. The contents express emotions by dance and release emotions. For example, To express “fear” with the body embodies the feeling of fear. And I realized that my fear was that people wouldn’t accepted me. As I continued dancing, I realized that I have too anger. But I have never felt angry. I expressed in the whole body while deeply feel my anger, and I screamed out loud. Then I was very comfortable and I felt my true power with the whole body.

I was scared that people wouldn’t accept me and I was hard at work to be evaluated by people. I have not felt and expressed emotions such as anger,sadness, because I didn’t want to be alone. When I realized it, my tears ran down like a waterfall. I broke the implicit rule. In front of dozens, I cried and my face go to pieces with tears. It was a tear for myself.

I realized it when rain down tears in public. I felt my body get relaxed. And for the first time, I felt as if I circulate blood in my body. The body seems to talk me, “I can finally use my body freely.”

Because of this experience, when I felt that I was disgusted, I was able to explain that emotion and refuse it. Why was I scared to express emotions? Emotions that have been stored in the body often come out . Then My family is surprised because I am suddenly crying when I am talking. But I enjoy expressing emotion like a child. It looks like a child and it’s cool. I will break other implicit rules.

ワークショップ後の写真。素晴らしい体験をさせてもらいました。

写真は講師のAlessandro MoruzziとVehllia TranneのTheCityWaves.comからリンクさせてもらいました。お二人のTheCityWavesのサイトが超かっこいいので見てみて。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。